倫敦月

英国ロンドンでの生活と見聞きしたこと、英語についての関心事、そして他のヨーロッパ各地についても少々(のつもりです)

スマホSimカード契約

現代生活には、何をするにもスマホが必要。

特に知らない場所で部屋探しや街歩きをするときには。

 

実は日本では二つ折り携帯電話(いわゆるガラケー)を使っていたのですが、さすがにそれではということで、日本にいる間にAndroidのSimフリースマホを買っておきました。

春先の需要ピーク時期とあって、地元の家電量販店では納期がかかりすぎて話にならず、AmazonでASUSのZenfone 4 Maxを購入。

iPhone以外のアクセサリーは手に入りにくいと考え、カバーも同時に注文しておいてよかったです。

日本国内では通話せずに持ってきたので、使えるか心配しましたが、大丈夫でした。

 

例によってネットで情報を集めると、英国の方が日本よりもずっと有利な条件でSimカードが手に入ることがわかりました。

空港は高いので街中で手に入れるべしと、ふむふむ…

Bayswater駅前の通りには携帯電話会社の店がいくつもあり、その中から低価格と評判のあったスリー(Three)の店に入ります。

忙しそうにしている店員を捕まえて、端末は持っているから、短期契約のSimが欲しいといってしばし待ちます。

Pay as you goという月毎のプランから、データ2GB、通話100分、SMS無制限で一月10ポンド(約1500円)を選択。って、日本と比べるとずいぶんと安い!

使い切ったら追加もできるし。

セットしてくれとスマホを渡すと、クレジットカード大のホルダーからSimカードをペチッと切り離して、ホルダーに差し込んで、電源ONにしてスクリーンロックを解除しろと。

設定が日本語だ~とかいいながらもキャリアを設定して準備完了。早い!

年間契約だともっと手続きが面倒なのかもしれないけれど、あっけない位にスマホ利用が可能になりました。

 

よし、部屋探しに戻ろう!(笑)

 

(追記)Simカード契約はその後に変更しましたので、後日記事にします。