倫敦月

英国ロンドンでの生活と見聞きしたこと、英語についての関心事、そして他のヨーロッパ各地についても少々(のつもりです)

ロンドンの部屋探し(その1)

日本でいうところのアパート、マンションを英国ではフラット(flat)と呼ぶと言われています。でも、実際にはアパートメント(apartment)と書かれているのも見かけます。

Googleで"London flat"と"London apartment"をそれぞれ画像検索してみると、アパートの方が大きく近代的で、きれいな部屋が多く出てきて、より高級なイメージのようです。

私の場合は、とりあえずフラットということにしておきましょうか。(笑)

 

部屋探しをする場合、まずはどのエリアに住むか、治安は大丈夫か、交通・通勤は便利か、家賃相場はどうかといった検討から始まります。

治安はググれば解説してくれるページがすぐ見つかりますので、詳しくはそちらにお任せしましょう。(笑)

便利で中心に近いところほど家賃が高いのは仕方ありません

結局のところ、日本人も多く住んでいるロンドンの西側を候補にしました。

日本人学校があるため、家族連れの駐在員が多く選ぶエリアです。

 

次は不動産会社選びですが、渡英早々、家探しの相談、アドバイスや、大家との交渉等、日本語でできる便利さから日系のお店からコンタクトするのは当然のなりゆきでした。

となると、ゲストハウスを運営しているロンドン東京プロパティーサービスが第一候補に。

さらに、ゲストハウスにあった日本語ミニコミ誌やネット情報には、他にも日系の不動産店が載っています。

これらで自分の探すエリアに支店を持つところ、物件を掲載しているところから声をかけていきました。

 

 

あれ?

ゲストハウスから直通以外では、携帯電話連絡が必要なので先にそちらを書くべきだったな… (笑)

 

英国生活ガイドLiB (http://www.lib.uk.net/)

英国の一般情報、住まい、保健、教育、通信、ショッピング、交通などの情報がまとめられていて便利なガイドです。

不動産会社のJACストラットンズさんからいただきました。ありがとうございました。

 

f:id:Pink-Supermoon:20200510194807j:plain