倫敦月

英国ロンドンでの生活と見聞きしたこと、英語についての関心事、そして他のヨーロッパ各地についても少々(のつもりです)

イギリスのロックダウン緩和(その2)

今週の水曜日(5/13)から、Englandは屋外運動・レクリエーションを一日に何回してもよく、ソーシャルディスタンス(=2m離れましょう)を取れば、同居していない人同士で集まってもよいことになりました。

どうなるかな?と思って公園を見ていましたが、平日の間は気温が低く(最高でも15℃以下)、風が強かったこともあって、多くの人が待っていましたと繰り出した感じはありませんでした。子供連れは別ですが。

 

(公園の入口にソーシャルディスタンスの表示ができました)

f:id:Pink-Supermoon:20200516195942j:plain

 

(確かに間隔を取って座っていますね 笑)

f:id:Pink-Supermoon:20200516200012j:plain

 

この週末は好天が予想されているので、どうなるでしょう?

南部の海岸の町等では、人が来過ぎるのを心配しているとニュースで言っていましたが。

 

また、ガーデンセンター(園芸店)が再開されたこともニュースになっていました。

朝から開店待ちの長い行列ができていたとか。2mの距離を開けているので。(笑)

住宅街を歩いていると、思い思いのイングリッシュガーデンを綺麗に整えている家が多く、ニーズがよくわかります。ガーデニングのTV番組もいろいろありますしね。

 

(住宅街のスーパー入口にある園芸コーナー)

f:id:Pink-Supermoon:20200516200043j:plain

 

(綺麗な庭の家がたくさんあります)

f:id:Pink-Supermoon:20200516200134j:plain