倫敦月

英国ロンドンでの生活と見聞きしたこと、英語についての関心事、そして他のヨーロッパ各地についても少々(のつもりです)

今、遠くで何かがあったとしても…

これから書くのは、まあ、誰に向けたものでもない独り言ですね。

 

日本を離れて3年目。日本の出来事にますます関心がなくなってきて、それでもこうして日本語で文章を書いたり、仕事をしたりしているわけですが…

 

今日、日本である事件があって、ある人と連絡が取れなくなってしまいました。

日本にいたらもっと頻繁に会っていただろうし、こんな事態になったら色々な手段を使ってアクセスしていたでしょう。

インターネット、ソーシャルメディアで繋がっている気がしていても、何かあったらその関係がいとも簡単にぷっつりと切れてしまう。

友人、知人、親戚に何かあってもすぐに何かできないもどかしさ。

ネット、通信がすぐに使えるときだけに、かえってそのやるせなさを感じるとは…

 

などと、その人がきっかけで始めたこのブログのために撮った、春の月と一番星の写真を眺めながらぼんやりと考えました。

f:id:Pink-Supermoon:20201202093749j:plain

 

コメントでもツイートでも、連絡をくれるといいのにな…

 

今日から12月。思うようにならなかった一年も残りわずかです。

クリスマスツリーの季節

11月下旬、ロンドンの広場、駐車場などのスペースに囲いができて、何かの準備が始まります。やがて、緑色のものが運び込まれて…

f:id:Pink-Supermoon:20201201091630j:plain

 

そう、クリスマスツリー用のモミの木の販売が始まるのです。

f:id:Pink-Supermoon:20201201092036j:plain

 

曇りがちなロンドンの空の下でも、活き活きとした緑の葉を広げるこのモミの木は Nordmann Fir ノルドマンモミという種類でツリー用として広く使われています。

Nordmann (ノルウェー人の)というのでノルウェーのものかと思いきや、コーカサス(黒海の東方、ロシア南西端、アゼルバイジャン、ジョージアの地域)が原産で、コーカサスモミとも呼ばれます。Nordmann というのは人名に由来するとのこと。

Abies nordmanniana - Wikipedia

 

35ポンド(約5000円)からと、なかなかのお値段ですね。

f:id:Pink-Supermoon:20201201092056j:plain

 

ロンドンに31か所もこのような野外店舗を展開しているのは Pines and Needles という会社で、スコットランドで育てたモミの木を運んできます。

www.pinesandneedles.com

 

なので、スコットランドの民族衣装、タータンチェックのキルトを身に付けた人も。

f:id:Pink-Supermoon:20201201095531j:plain

 

この銀色の筒は何に使うのか?

f:id:Pink-Supermoon:20201201110607j:plain

モミの木をネットでくるんで持ちやすくするための道具です。

しかし、持って帰るのはちょっと大変…

f:id:Pink-Supermoon:20201201092117j:plain

 

いよいよ12月になり、これらのモミの木が家々を飾り、クリスマスがやってきます。

f:id:Pink-Supermoon:20201201110709j:plain

ロンドンでも栗ご飯

10月後半にもなるとロンドンのスーパーでも栗が売られるようになります。

栗は英語でマロン?

残念、それはフランス語 (marron, 大粒の栗)。

英語ではチェスナット (chestnut)ですが、フランス語のマロンを語源に持つ 'maroon' = "a dark red-brown colour"「暗い赤茶色」という単語もありますね。「栗色」というべきでしょうか。

 

f:id:Pink-Supermoon:20201201084343j:plain

このイギリスのスーパーで売られている栗は日本のものに比べると二割程度小粒です。まあ、値段も一ネットで3ポンド(約420円)程度と安いのですが。

私は子供のころよく食べた栗が好きなので、イギリスに来てこれを見つけたときは、嬉しくなってすぐに買ってみました。でも、茹でると水っぽく甘みが少なくて、食べられはしますが、美味しいとまではいえません。

オーブンで焼くと甘みが強くなってよいらしいのですが、焼き加減がわからなくて躊躇したので、栗ご飯にしました。 

 

難関は皮むきです。特に今年は屋台で安売りしているのをたくさん買ってしまったので。

(チェスナット一箱3ポンド)

f:id:Pink-Supermoon:20201125090535j:plain

 

小粒なのが泣けます。概算で200個以上はあろうという栗をひたすら剥き続けました。

ラジオペンチで外側の鬼皮をむしり取り、ピーラーで渋皮を剥きます。食べる「実」の部分は日本の栗より硬めで、ピンセットで渋皮をパリパリ剥がせるものもありますが、ダメならすぐにピーラーで削り取ります。渋皮が実の深い皴の中に食い込んでいるものは容赦なく割って削り取り!

時間をかけて剥き終わった成果の一部はこんな感じ。

f:id:Pink-Supermoon:20201125092042j:plain

 

ここまで来れば、あとは普通の栗ご飯のレシピで炊いてOK。

懐かしい日本的な秋の味覚を楽しめます。

f:id:Pink-Supermoon:20201125092311j:plain

 

このように季節を味わうことはできますが、労力も大変なものなので一シーズンに一回でいいやと思っていたら、屋台にいつもよりも大きめの栗が出ているのを見つけてしまいました。

f:id:Pink-Supermoon:20201125093511j:plain

f:id:Pink-Supermoon:20201125093550j:plain

屋台の奥にある箱の表示を見ると中国産です。

ということは、日本の栗に近いのではないかと思ってまた買ってしまいました。少々カビもあるので躊躇しましたが(黒くなっているのは避けましょう)。

 

茹でてみると、ホクホクと甘い、子供のころから親しんできた味です。

f:id:Pink-Supermoon:20201125094136j:plain

 

というわけで、ロンドンで日本と同じような栗を手に入れたかったら、11月中旬まで待ってみるとよいかもしれません。

かもしれないというのは、このイーリング・ブロードウェー (Ealing Broadway) のショッピングセンター前に出ている屋台は、果物の多くが一箱2ポンドとお買い得なのですが、同じものが安定して入荷するお店ではありません。

来年、同じのがまた入るとは限らないので、今だけのチャンスかも… さあ、急げ!

(イーリング・ブロードウェーの果物屋台、平日・土曜日営業でお買い得)

f:id:Pink-Supermoon:20201125095718j:plain

イギリスのカフェチェーンのポスターに見る競争戦略(?)

イギリスのカフェチェーン、Pret A Mnager(プレタマンジェ, 通称Pret)のドリンク類サブスクリプション(定額制)を利用し始めて、2か月余り。月20ポンド(約2800円)で、毎日本格的な淹れたてコーヒーが飲めるとあって、せっせと通うようになりました。

pink-supermoon.hatenablog.com

 

(Pretのサブスクリプションのポスター、何回でも何回でもあなたに会えてうれしい…)

f:id:Pink-Supermoon:20201122095938j:plain

 

コーヒー、紅茶、コールドドリンク等が一日5回まで利用できます。コーヒーは淹れたての本格的なもので、エスプレッソ、カプチーノ、ラテ、フラットホワイト、モカ、マキアート、アメリカーノといろいろ試してみました。もちろん、スムージーやフラッペも。

おかげで、インスタントコーヒーが飲めなくなってしまうという深刻な副作用が(笑)

f:id:Pink-Supermoon:20201122101422j:plain

f:id:Pink-Supermoon:20201122101741j:plain

 

このニュースによるとこのサブスクリプションの利用者は初日で16,500人に上ったそうです。

Pret A Manger sees 16,500 coffee subscriptions on first day

オフィスに行ったや自宅付近ではもちろん、休日に出かけたときもグーグルマップでPretを探して利用しているので、他のカフェチェーンを使うことがなくなりました。

 

当然、他のカフェチェーンの利用者が減っているようで、対抗策を打ち出してきたのはイギリスで2000店以上と最多の店舗数を誇るCosta (コスタ)。

各種コーヒーのミニサイズを新たに設けて安さをアピール。

f:id:Pink-Supermoon:20201122104431j:plain

しかし、ここはLサイズでもレギュラーとの値段の違いが少なくて、いつも大きいのを頼んでいた記憶が。その後、このミニサイズのポスターを見かけなくなったのはあまり上手くいかなかったのかも。

f:id:Pink-Supermoon:20201122111801j:plain

 

それに、安さはこちらの十八番。日本でもファストフード価格破壊を仕掛けた記憶のあるMcDonald's(マクドナルド)。

他の多くのチェーン店では2.5ポンド以上するコーヒーが99ペンス(約140円)というのは、100円コーヒーのイメージそのもの。

f:id:Pink-Supermoon:20201122110045j:plain

 

カフェチェーンというよりバーガーのファストフード店なので、当然のようにバーガー類もお値打ち価格を打ち出してきました。McDonald'sは、よくフリーペーパーのMetroに1.99ポンドのセットメニューのクーポン券を付けていましたが、今回も価格で勝負。

f:id:Pink-Supermoon:20201122110625j:plain

 

カフェチェーンに戻って、Costaに次ぐ店舗数のStarbucks (スターバックス)は我関せずと、季節限定フレーバー等をいつものように表示。

f:id:Pink-Supermoon:20201122110932j:plain

f:id:Pink-Supermoon:20201122110916j:plain

 

イギリスのカフェチェーン第三位の Caffe Nero (カフェネロ)も、本格的イタリアンコーヒーとペストリーで、ヨーロッパ感を前面に出したいつもの路線。サンドイッチを主力とする Pret との違いをアピールすることにもなります。

f:id:Pink-Supermoon:20201122111238j:plain

f:id:Pink-Supermoon:20201122111253j:plain

 

さて、このカフェチェーンのアピール合戦、次はどうなるのかと思って見ていたら…

一斉にクリスマスになりました。お揃いでクリームを載せて。

f:id:Pink-Supermoon:20201122112059j:plain

f:id:Pink-Supermoon:20201122112139j:plain

f:id:Pink-Supermoon:20201122112225j:plain

f:id:Pink-Supermoon:20201122112337j:plain

 

ただし、McDonald'sだけはクリスマスバージョンもデフレ作戦です。これも我が道(笑)

f:id:Pink-Supermoon:20201122112404j:plain

『フランダースの野に』ポピーは育つとしても (リメンブランス・ポピーの由来)

戦没者を追悼する赤いポピー(ヒナゲシ)の花が11月上旬のイギリス中で見られることについて先日の記事に書きました。

pink-supermoon.hatenablog.com

 

この赤いポピー、リメンブランス・ポピー(remembrance poppy)が始まったいきさつをイギリスの在郷軍人会(The Royal British Legion)のウェブページから引いてみます。

www.britishlegion.org.uk

ここではポピーは、過去の戦争の犠牲者の追悼と平和な世界への希望のシンボルであると同時に、現役・退役軍人とその家族のコミュニティーへの支援を表すものとしています。

 

ポピーが使われるようになったきっかけは、第一次世界大戦で、当時イギリスの自治領だったカナダから軍医として従軍したジョン・マクレー(John McCrae)の詩『フランダースの野に (In Flanders Fields )』にあります。

マクレーは1915年5月、ベルギーの激戦地イープルで友人を失った直後にこの詩を作りました。荒れはてた戦場に咲く赤いポピーの印象がこの詩に反映されています。 

 

(Imperial War Museumの映像、第一次世界大戦の戦場のイメージ)

f:id:Pink-Supermoon:20201120215924j:plain

(同、戦場に咲くポピーのイメージ)

f:id:Pink-Supermoon:20201120220008j:plain

 

 マクレーの詩『フランダースの野に』はイギリスの雑誌Punchに投稿・掲載され、人気となりました。そして、これを戦死者の家族や戦傷者への支援のシンボルに使うことがアメリカから始まりイギリス、イギリス連邦の国々に広がって現在まで続いています。

 

『フランダースの野に』は15行の平易な表現の短文の中に、印象的なイメージを織り込んだもので、広く理解され人気になった理由がわかる気がします。

ネット上にもこの詩に強い印象を受けて和訳して紹介するものが多数あります。

私も訳してみました。できるだけ原文に近い形で、平易な表現を心掛けて。

 

In Flanders Fields

  フランダースの野に

 

In Flanders fields the poppies blow

  フランダースの野に、ポピーが風に吹かれる

Between the crosses, row on row,

  幾重もの列をなす十字架の間で

That mark our place; and in the sky

  その墓標は私たちの居場所を示している、そして空には

The larks, still bravely singing, fly

  ひばりたちが飛ぶ、今も勇ましげにさえずりながら

Scarce heard amid the guns below.

  地上では砲声でほとんど聞こえないが

 

We are the Dead. Short days ago

  私たちは死者だ、ほんの数日前には

We lived, felt dawn, saw sunset glow,

  私たちは生きていた、夜明けを感じた、夕日の輝きを見た

Loved and were loved, and now we lie

  愛し愛されていた、そして、今は横たわっている

In Flanders fields.

  フランダースの野に

 

Take up our quarrel with the foe:

  私たちの敵との争いを引き継いでくれ

To you from failing hands we throw
  成し遂げられなかった私たちの手から君たちに投げ渡す

The torch; be yours to hold it high.

  その松明は君たちのものだ、高く掲げるための

If ye break faith with us who die

  君たちが死んだ私たちを裏切るのならば

We shall not sleep, though poppies grow

  私たちは眠らないであろう、たとえポピーは育つとしても

In Flanders fields.

  フランダースの野に

 

Lieutenant-Colonel John McCrae
~ May 3, 1915

  中佐 ジョン・マクレー、1915年5月3日

 

他の訳の中には私の解釈と異なるものもあるので、私の考えも記しておきます。

  • row: 動詞「漕ぐ」ではなく名詞「列」とし、その列をなすのは野生のポピーではなく人工的に並べられる十字架としました。
  • that mark: that は関係代名詞で crosses (複数)を指し、mark 「(位置などを)示す」の主語としました。
  • gun: この語は火薬で弾丸を打ち出す兵器全般に用いられるので、「銃」ではなく「砲」としました。より音が大きく、塹壕戦における主力武器であり、この詩作のきっかけであるマクレーの友人を戦死させたものなので。
  • below: 「私たちが砲声の下」にいるのではなく「砲声がひばりの下」にあるものとしました。
  • heard: 前後がいずれも現在形なので、hear「聞く」の過去形ではなく、過去分詞と解して、ひばりの鳴き声が聞こえないものとしました。scarce は 古い用法で副詞 scarcely 「ほとんど~ない」の意。

 

考えたのは10行目の "Take up our quarrel"。'take up' は Oxford Advanced Learners Dictinary では最初の意味とし​て "to continue, especially starting after somebody/something else has finished" 「続ける、特に他の誰か/何かが終えた後に」が挙げられています。

これに対して小沼通二さんは15-16世紀の古い用法として「友好的に収める」という意味も二重に込められていると解釈しました。

今月のことばNo.9 | 世界平和アピール七人委員会

でも、ほとんどの辞書に記載されていない古い意味を見出そうというのは、読み手の願望を込め過ぎている気がします。

 

気になるのは 13行目の 'ye'。これは15世紀以前の中英語で用いられていた主格の二人称複数の代名詞で、現代では'you'「あなた方は」。とすると、やはりシェイクスピア時代を意味するのか…

実は'ye'は方言としてカナダの東海岸部、イングランド北部、アイルランド等で地方的に用いられているそうです。マクレー中佐はスコットランド系でカナダ・オンタリオ州出身ですが、戦死した友人(ケベック州出身)や他の戦友が 'ye' を使う人であったのかもしれません。 

 

というわけで、この詩が広まった当時の一般的なイメージと同じく、戦いを続けることを訴えた内容と解釈しました。

Wikipediaでこの詩を説明するページにはマクレー本人の手書きの詩が載っています。12行目を"The torch; be yours to hold it high!"と感嘆符を付けて力強く表現しており、これを見ても友好的に収めるイメージではないと思います。

In Flanders Fields - Wikipedia

 

その思いが残っているのでしょうか…

第一次世界大戦以降も延々と世界各地での戦争・紛争に関わり続けるこのイギリスで、赤いポピーを使った軍に対する支援活動もずっと続いているのです。

 

(リメンブランス・サンデーに追悼式典が行われたロンドンのセノタフに並んだポピー, 11月13日撮影)

f:id:Pink-Supermoon:20201120225453j:plain

f:id:Pink-Supermoon:20201120225506j:plain

 

この先もずっと続けなければいけないのでしょうかね…

上の訳では、争いについて自分達は失敗し、後の人々にそれを引き継ぐということに重点を置き、戦えという表現は用いませんでした。敵を倒すことのみを成功とするのか、別の道があるのかも含めて次の人々に託すというイメージで。

小沼訳の影響とも言えますが、十字架やポピーのリースを増やし続けることが野に眠る者たちの願いだとは限らないと、そんな思いで訳を考えてみたのです。

 

f:id:Pink-Supermoon:20201120231759j:plain

 

(補足)

この詩はロンドー(rondeau)という形式のもので、5行・4行・6行の合計15行の中に2種類の文末の押韻と、2回の同じ行の繰り返し(リフレイン)を配しています。押韻A, BとリフレインCが、AABBA, AABC, AABBACの順に並ぶ形式で、ここでも(A)[əʊ]と(B)[aɪ]、リフレインの(C)"In Flanders fields"が整然と並んでいます。

(A) blow、(A) row、(B) sky、(B) fly、(A) below

(A) ago、(A) glow、(B) lie、(C) In Flanders fields

(A) foe、(A) throw、(B) high、(B) die、(A) grow、(C) In Flanders fields

この明解なリズムと押韻も広く人気を呼んだ理由かもしれません。

遠くから聞こえるガイ・フォークス・ナイトの花火

今夜(11/14)のロンドンは雨です。

遠くからパパパ・パパン・パンという音が聞こえて来ました。こんな雨の中でも花火を打ち上げているのだなと思い、フラットのベランダに出て見ると遥か遠くで2か所ほど花火を打ち上げているのが小さく見えました。

いつものコンパクトカメラの最大ズームで撮影してみますが、さすがにブレブレで上手くは映りません。

 

あきらめて部屋に戻っていると、今度は割と近くでヒュー・パパ・ドン・パパンとまた花火の音が聞こえます。でも、ベランダに出たときにはもう止んでいます。

どうやら、近所のどこかで個人が打ち上げたようです。こんなのが時々聞こえるので、ベランダで待ち構えて捕まえました。

やはり、花火大会の大玉ではなく小規模のものです。それなりに綺麗ではありますが、もっと大きいのも見たかったなと、以前のことを思い出しました。

f:id:Pink-Supermoon:20201115083225j:plain

 

イギリスで花火のシーズンと言えば11月上旬です。10月中旬まで夏時間のために暗くなるのが遅いのもありますが、もっと大きい理由は11月5日のガイ・フォークス・ナイト (Guy Fawkes Night)。

1605年のこの日に計画されたイングランド国王暗殺・議会爆破が未然に露見して、犯人の一人として処刑されたのがガイ・フォークスという人物。

この事件を元に11月5日がイングランドの平穏を祝う記念の日になり、その夜に花火を行うようになっていきました。なので、花火大会がよく行われるのは、その11月5日かその前後の週末…

 

なのですが、今年はコロナウイルス対策のため地元ロンドン・イーリング区付近の花火大会はいずれも中止になってしまいました。

だから、先週も今週も花火大会といえば音に聞くか、ベランダからはるか遠くに眺めるのみというのが今の状況です。

 

昨年・一昨年はイーリング・ブロードウェー駅から少し北にあるクリケットクラブで行われた花火大会を見に行きました。手元の写真の日付を見ると、それぞれ11月3日と5日のいずれも土曜日。

f:id:Pink-Supermoon:20201115085930j:plain

 

日本の花火大会というと海岸や河川敷で行われ、屋台が並びというのが一般的ですが、この花火大会はクリケットクラブのグラウンドに入場料を払って入り、飲食と音楽と共に花火を楽しむというスタイルです。子供向け遊具などもあってファミリーでもOK。

クイーン等のお馴染みのブリティッシュ・ロックがかかり、レーザーの光が飛び交う中、カップのビールを飲みながら間近で打ち上げられる花火を見上げるというイベント。

…のはずです(笑)

 

花火は上空に上がりますから、グラウンドに入らなくても見えるわけで、近くの道端で立ち見する大勢の人の中に混じり、直ぐ近くに上がる花火を見上げていました。

なので、こんな風に花火の一番下は塀で切れるという…

それでもクライマックスとしてエルガーの威風堂々が流れる中で打ちあがる大きな花火まで飽かずに楽しむことができました。

f:id:Pink-Supermoon:20201115085907j:plain

 

今年はそんな近隣の花火大会が中止になって物足りない人が沢山いたのかもしれません。スーパーの花火売り場が早々と売り切れていましたから。

f:id:Pink-Supermoon:20201115092442j:plain

 

そして、遠くに見える花火大会に混ぜて裏庭(?)の花火を楽しんだということなのでしょう。

f:id:Pink-Supermoon:20201115094317j:plain

 

街にあふれるポピーとリメンブランス・サンデー

10月下旬から11月上旬にかけて、ロンドンのあちこちで赤いポピー(ヒナゲシ)の花を見かけるようになります。ポピーは初夏の花ですから、それらは造花や絵や写真なのですが。

f:id:Pink-Supermoon:20201112044233j:plain

 

元々、これらのポピーは第一次大戦の戦死者を追悼するシンボルとして使われました。そのため、イギリスでは1918年に第一次世界大戦の休戦条約が締結・発効された同じ日付の今日、11月11日に向けてポピーが広く見られるようになるのです。

現在までにポピーは第二次世界大戦やそれ以降の紛争を含めた軍関係の犠牲者を含めるようになっています。

 

そのため、イギリスの戦争の追悼施設に供えられるリースのほとんどには赤いポピーが用いられています。

(ロンドンのグリーン・パークにあるコモンウェルス・メモリアル・ゲート)

f:id:Pink-Supermoon:20201112061831j:plain

 

街で見かけるポピーとして最も多いのはリメンブランス・ポピー(remembrance poppy)。

f:id:Pink-Supermoon:20201112081859j:plain

 

ポピー・アピール (Poppy Appeal)という募金活動で退役・現役軍人のコミュニティーを支援するものです。

街頭やスーパー等で募金をするとこの紙製のポピーの襟章をくれるあたり、日本の赤い羽根共同募金を連想させます。

(ポピー・アピールを広報するThe Royal British Legion イギリス在郷軍人会のポスター)

f:id:Pink-Supermoon:20201112050011j:plain

(駅で行われていた募金活動)

f:id:Pink-Supermoon:20201112082044j:plain

 

と、ここまで書いてきて疑問に思ったのは、ポピーは戦死者追悼のシンボルと思っていたのに、この募金は主に退役軍人の支援のために行われているということ。

上のポスターには"... support the Armed Forces community, past and present"「... 過去と現在の軍のコミュニティーを支援する」と書かれています。

募金が始まった当初は第一次世界大戦の帰還兵支援の目的があったのですが、次世紀の現在まで同じ趣旨で続いています。

イギリスでは過去の戦争の追悼から退役軍人たちの貢献、現在の軍の活動までを連続したものとしているのかもしれません。第二次世界大戦前後で軍と市民の関係が一変した日本とは大きく異なるように思います。

 

この時期、この赤いポピーを付けた人を街中で見かけるようになるのですが、実は一番よく見るのはテレビや新聞の映像かもしれません。

政治家、芸能人、ニュースキャスター、スポーツ選手等はそろってこのポピーを着けます。場所によりけりですが街中では20人に一人も見ないのに。

この国でも、このポピーについては一種の同調圧力「ポピー・ファシズム」があるようで、それに対する反発も聞かれます。

www.bbc.com

 

さて、今日11月11日は第一次世界大戦の停戦記念日 (Armistice Day)ですが、これに一番近い日曜日は、リメンブランス・サンデー (Remembrance Sunday)として、イギリス全土で各種の追悼行事が行われます。今年(2020年)は11月8日でした。

最も大きいのが、ロンドンの官庁街ホワイトホールの追悼記念碑セノタフ(The Cenotaph)で行われる式典。

例年、エリザベス女王と王族一同、政府関係者、軍関係者、退役軍人たちが集まって大々的に行われていました。でも、今年はコロナウイルス対策のため参加者を限定して、ソーシャルディスタンスに配慮して大幅に縮小した構成として、観衆なしで行われました。

www.bbc.com

youtu.be

 

 BBCによるこの式典の中継放送はこんなアナウンスで始まり、今年の異例さも表現しました。

"At 11 o'clock - the moment the guns fell silent on the western front and the first world war ended with the armistice - a two minutes silence is observed."

「11時ちょうど、西部戦線で銃声がサイレンス(沈黙)になり、休戦協定により第一次世界大戦が終わったその時刻、2分間のサイレンス(黙祷)が行われます。」


"This year, there is a different silence. The silence of a Whitehall empty of thousands of veterans who march past the Cenotaph and lay their wreaths, the silence of pavements where no crowds have gathered to watch."

「今年はそれとは別のサイレンス(静けさ)があります。静かなホワイトホールには隊列を成して行進し、セノタフにリースを供えていた何千もの退役軍人たちの姿はなく、静かな歩道には集まってそれを見守る人々もいません。」  

 

このアナウンスを聞いて、11時というのはイギリスと1時間の時差のある中央ヨーロッパ時間の12時のことと誤解したり、一部の'silence' サイレンスを 'siren' サイレンと聞き間違えてしまったのは、日本で8月15日の12時に防災放送のサイレンの音とともに黙祷を行っていた子供時代の記憶のせいかもしれません。

(実際には第一次世界大戦の停戦発効は中央ヨーロッパの1918年11月11日午前11時であり、LRが聞き分けられなかっただけなのですが…)

 

ともあれ、8月15日のVJデー(対日戦争記念日=第二次世界大戦終戦)より大掛かりな式典を行い、女王陛下を始めとして軍服以外の参列者が皆黒づくめの服装であったのは、第一次世界大戦における100万人を超える膨大な数の犠牲者が、世界の強国だった当時のイギリス帝国にどれほど大きな衝撃と悲しみをもたらしたかを想像させます。

なにしろ、1853-1856年のクリミア戦争から半世紀以上も大きな対外戦争がなかったイギリス帝国に、その10倍近い膨大な犠牲者を生じさせたのですから。

pink-supermoon.hatenablog.com

 

ロンドンのあちこちで見かけるポピーは第一次世界大戦終結から100年以上を経てその悲しみの記憶を風化させまいとしているのでしょうか。

でもどこか、第二次世界大戦以降も繰り返し軍事活動を続け、現在もシリア、アフガニスタン等に派兵しているイギリス軍の存在を意識づけているようにも思えてしまいます。

f:id:Pink-Supermoon:20201112105925j:plain

f:id:Pink-Supermoon:20201112105954j:plain

f:id:Pink-Supermoon:20201112114349j:plain

f:id:Pink-Supermoon:20201112110052j:plain

f:id:Pink-Supermoon:20201112114023j:plain

 

(※注) この記事ではremembrance をリメンブランスと表記しましたが、リメンバランスという表記も多くみられ、揺らぎの範囲だと思います。Oxford Advanced Learners Dictionaryを始めとして多くの辞書での発音は[rɪˈmembrəns]とbの後に母音が入りません。調べた中では唯一 Merriam-Websterが [riˈmembərən(t)s] もあるとしています。よく使われる単語 remember、すなわちリメンバーの発音に影響されているのでしょうか。

 

 (追記) このポピーが使われるようになった経緯と、ポピーのある風景を描いた詩について記事を追加しました。

pink-supermoon.hatenablog.com